不動産買取で失敗しないために!不動産買取の基本情報について分かりやすく紹介

自分が住んでいる住まいを様々な理由で売却しなければいけなくなります。
売り方にも様々な方法があり、仲介や不動産買取といった方法も存在するんです。
住まいはもとは数千万円で購入したいわば自分にとっての財産です。
当サイトではこうした大事な住まいを後悔することなく、失敗することなく売却できる方法や基本情報などを紹介していきたいと思います。
当サイトがこれから売却する皆様にとって役立つことお心から祈願しております。

不動産買取で失敗しないために!不動産買取の基本情報について分かりやすく紹介

不動産売却の基本情報として、不動産業者による仲介と不動産買取業者による買取という方法があります。
仲介は不動産会社が買主と売主をマッチングし仲介手数料が発生する売却方法です。
一方不動産買取業者の買取は、不動産業者自ら買い取ってくれるので仲介手数料が発生しません。
もし仲介で買い手が見つからない場合には、買い取りをしてくれる業者を探すのが賢明です。
何年も売れずに持っているだけで、固定資産税や維持費も発生することを考えると、少々買い取り額は安くなっても買取で売却する方が即現金化でき、後悔のない売却方法であると言えるんです。

不動産買取とは不動産売却の際におすすめの方法

不動産を売却するときには、売買仲介と不動産買取の二つの選択肢があります。
売買仲介とは不動産会社が購入希望者を見つけてきて買主と売買をマッチングする取引のことです。
これに対して不動産買取とは、不動産会社が直接買主となって不動産を売却する取引になります。
不動産仲介のメリットは、相対的に相場に近い価格で処分できる可能性が高いことです。
反面において購入希望者が見つかるまで時間がかかることと、場合によっては売り出し価格を下げたり価格交渉を要求されるのがデメリットといえます。
これに引き換え不動産買取は、査定してすぐさま不動産会社が買い取ってくれるので、短期間で処分して現金化できるというのがメリットとして意識されています。
もちろん競合が登場しないので、不動産会社の査定額を飲まざるを得ないので、いかんせん安い価格で処分せざるをえないのがデメリットです。
このように不動産買取とは、時間を優先して何よりも現金化が優先される場面ではおすすめの選択肢になります。

不動産買取の一連の流れを把握しておく

不動産買取に着手するのであれば、まず買取による売却の一連の流れを把握しておくことが重要です。
不動産を買取によって売却することを決めたら、不動産買取業者に査定を依頼します。
査定の方法には、過去の取引状況や市場動向といったデータをもとに価格を出す簡易査定と、物件を実際に調査した上で価格を算定する詳細査定がありますが、必ず後者の結果をもとに交渉に入る業者を決めるようにしましょう。
通常の不動産取引では、宅建業者の営業活動で購入希望者があらわれるのを待つ過程がありますが、業者と直接交渉する不動産買取ではこの過程は省略されます。
売却する不動産買取業者を決定したあとはすぐ条件面の交渉に入り、双方が合意すれば売買契約を締結します。
これが終わったら、後日引き渡しを行うだけです。
引き渡しの日は金融機関の支店に取引当事者と司法書士があつまり、支払いが終わっていない代金や支払いや住宅ローンの残債の決済、法務局への登記申請に必要書類の提出などを行い、最後に鍵や関係書類一式を業者に引き渡せば完了となります。
なお、売却によって利益が出た場合は、翌年に確定申告と納税が必要となるので忘れないようにしましょう。

不動産買取の際に起きやすいトラブル

物件を早く現金化できる方法として、不動産買取を依頼しようと考えている方もいるでしょう。
確かに便利な手段ではありますが、知識がないまま取引を行うとトラブルに巻き込まれることがあるので注意が必要です。
不動産買取は業者を通して売却を行いますが、不動産には相場があり、あまりに高額な金額で売り出すことができません。
ですから仲介業者は買取価格に経費や利益などを上乗せする分を考慮し、買取価格を低く提示することがあります。
任意売却の場合高度な知識が必要となるため、基本的に業者に依頼することになりますが、もしも悪徳業者に依頼してしまうと不当に高額な手数料が請求される手口も見られます。
戸建ての不動産買取の場合は、土地の境界線に関してトラブルが起こるケースに気を付けましょう。
売却前に登記簿と実際の境界に差異がないかを調べておかないと、境界杭などがなく土地の境界がわからずに売却できないということも考えられます。
他にも査定額を後から下げられたり、家財道具などの引き渡し後に処分費用を請求されるなど、注意すべき点はたくさんあります。
いざという時に問題が起きないよう、依頼する前に買取価格の相場を調べたり、価格が適正か判断するために複数の会社に査定を依頼する、登記簿の確認を行うなどの対策をとることが大切です。

不動産買取の際に知っておきたい知識

不動産買取を直で行う不動産会社を利用するには、事前に知っておくと役立つ知識がいくつかあります。
まずは仲介ではなく直接買いになることから売却額は減額されてしまいます。
不動産買取を専門にする会社では、自社でリフォームをした上で再販することを行っているので、リフォームに費やす額面が高いと判断できる住宅は高額査定は難しい条件になります。
木造住宅の場合では新築から30年以上も経過していると、建物の部分の価値は殆どないことが多く、土地代に少しの上乗せをして査定額を出す不動産会社が圧倒的に多いことも知っておくと納得できる内容です。
不動産買取を利用する方は、事前にネットを利用して土地の価値を探すことも多いのですが、公示価格に関しては住宅のある住所全てに当てはまることではなく、道路に対しての距離数や周囲の建造物の環境も大きく影響します。
当然ながら古くなっても建物がしっかりとしていれば価値が高くなる可能性はありますが、不動産買取会社が買取りをした額面とリフォーム料金を計算した際に、近隣で同じような中古住宅が販売されていれば、その物件の販売価格も買取り額に影響を齎すことも知っておくべき知識です。

不動産買取で高く売却するためのコツ

不動産買取の際には、高く売却するためのコツを抑えておく必要があります。
不動産買取では、取引先によっては、数百万円単位での差額が生じることも珍しくありません。
どのような事情であっても、少しでも高く売りたいと感じるのが普通なものでしょう。
高く売却するためには、事前に物件の価値を見定めておく必要があります。
公示地価や路線価などを用いて、売却を考える物件の価値を算出しておくことが大切です。
不動産買取を特集するサイトには、複数事業者に対する一括査定を行えるものも見られます。
自分で足を運ぶこともなく、幾つかの買取事業者からの査定を受けられるのです。
仲介を用いた買取の場合には、どのような手段を使って買い手探しを行うかも、事業者選びの上での重要なポイントとなります。
広範なネットワークを駆使しての買い手探しの場合には、高値での成約が行える可能性も高まるものです。
実際に利用した方の口コミや評判を参考にして、高く売れる事業者を選んでいくのが良いでしょう。

不動産買取業者のサービス内容も確認

不要になった不動産は不動産買取業者と契約をしてスピーディーに換金するのがお勧めです。
現在では多くの業者がいますのでどこに依頼すれば良いのかが分からないという人も多いのですが、基本的にはサービス内容を比較すると選びやすくなります。
良い不動産買取業者を選ぶことができると、スピーディーに手続きをしてくれますし、高額で買い取ってもらえますので満足度が高くなります。
一般的に提供されているサービス部分ではそれほど差はありませんので、見るべきなのはオプション扱いとなる部分です。
例えば、買取保証サービスといって一定期間は仲介で売り出して、期限が過ぎたら仲介業者が直接買い取るような仕組みをとっている場合には安心できます。
買い取ってもらった後に賃貸契約を結んで積み続けられるサービスもあり、買取の際に不用品を処分してくれるところもあります。
これらのオプションの有無や詳細な内容は業者によって異なりますので、事前に比較するのがお勧めです。

不動産買取は周りの人とよく相談して決めよう

住んでいない、使っていない不要な不動産でもいざ手放すとなるとどのようにすればよいかわからない、どのくらいの価値があるのかわからないと、買取の行動に出るまでは勇気が要るものです。
不動産を売却するにあたり、愛着があるので高い価値がついてほしいと思うので相場よりも高い売り値をつけることがあります。
よほど立地条件が良くて今後も土地の価格が上がってくると予想される場所なら高くても売れますが、それ以外のところなら築年数が経てば経つほど売れにくくなってくるのです。
そこで、一般の方に売るのではなく不動産業者が買い取るという方法なら早く売却することができます。
しかし不動産業者は安く購入してリフォームをしてから利益をつけて高く販売するので、不動産買取価格がどうしても安くなってしまいます。
不動産買取は安くても早く売ってしまいたいという売主には適していますが、時間をかけてでももう少し高い価値をつけたいというなら、不動産会社から買取の申請があっても家族とよく相談をしてから決めることが勧められます。

不動産買取と仲介は何が異なるのか

不動産を売却すると、多くの現金を得ることができますが、こうした取引は初めてという人もいるのではないでしょうか。
土地や建物を植える方法では、大きく分けて不動産買取と仲介があります。
まずは、その違いをよく理解しておきましょう。
まず、仲介の場合は、不動産業者に間に入ってもらい一般の消費者が購入することになります。
売却までには時間がかかる傾向もありますが、相場価格を参考にして値段をつけるので高額で売却できることも多くなっています。
契約が成立したら、不動産業者に手数料を支払うことになります。
これに対して不動産買取は、一般の消費者ではなく直接不動産業者に土地や建物を購入してもらうことになります。
査定を行い、提示された価格に納得できれば契約が成立し現金化できます。
一般の消費者から買主を探す必要がないので、短期間で現金化できることがメリットです。
もしも、手放した不動産に雨漏りなどの欠陥が見つかった場合も、売主には一切の責任を負う必要はなく、買い取った不動産業者が修繕などの責任を負うことになります。

不動産買取業者の得意分野も知っておく必要がある

不動産買取を希望している場合には、業者選びでいくつかのポイントに注意しなければなりません。
一般的に考えると売買に強い会社を選べば安心といえますが、実際の取引を確認するとそれだけでは決められないことが分かります。
不動産の仕事はとても幅広く、それぞれの不動産買取業者がどのような領域に強いのかを知ることで、依頼しても安心できるかをある程度は予測できます。
主な仕事としては不動産開発と流通、運営管理となっていて、各業態のバランスが良いことが大前提です。
そのうえで得意分野を見極めて、売買がスムーズにできるような業者を選択します。
強みを知るためにはこれまでの実績を調べるのが一番ですので、過去の取引事例等を参考にしましょう。
規模によっても手掛ける件数や範囲は異なりますが、大きければ良いというわけではなく、やはりバランスが良くて売買の実績が豊富なところがお勧めです。
いくつかに絞り込んだら、実際に査定を受けてみましょう。